English

会社情報

製品紹介

装置設計・製造

技術・開発

品質・環境

採用情報

ホーム - 技術・開発 - 東京大学宇宙線研究所長 梶田 隆章 教授 2015年 ノーベル物理学賞受賞おめでとうございます

東京大学宇宙線研究所長 梶田 隆章 教授 2015年 ノーベル物理学賞受賞おめでとうございます

「ニュートリノが質量をもつことを示すニュートリノ振動の発見」で、ノーベル物理学賞を受賞された梶田隆章教授に衷心よりお祝い申し上げます。

宇宙の起源をたどる研究と梶田教授

梶田教授が所長を務められている東京大学宇宙線研究所では、宇宙の成り立ちや、宇宙線、そして物質の最小構成粒子である素粒子の研究が行われています。岐阜県飛騨市神岡町には、同研究所の神岡宇宙素粒子研究施設「スーパーカミオカンデ」や重力波を観測するの大型低温重力波望遠鏡KAGRAの研究施設があり、特にKAGRAでは、梶田教授が統括推進しています。

この静かな山間の地下深くにある、宇宙の謎を解き明かす大規模研究施設は、国際的にも注目されています。

大型低温重力波望遠鏡 所在地 岐阜県飛騨市神岡町池ノ山
所在地 岐阜県飛騨市神岡町池ノ山

大型低温重力波望遠鏡KAGRAとミラプロの技術

ミラプロ製超高真空容器
KAGRAの真空ダクト

ミラプロ製超高真空容器
ミラプロ製超高真空容器

アインシュタイン博士の相対性理論が実験的に実証されてきているなかで、重力波の直接検出だけがなされていません。そこで、世界各国が協調して重力波を観測するプロジェクトを進めており、日本では2017 年度よりKAGRAでの本格観測開始を予定しています。KAGRAは、3kmの腕の長さを持つL 字型の世界最大級のレーザー干渉計です。

重力波を観測するには、両腕の光路長の差動変化をとらえ、照射されたターゲット上でのずれを観測します。レーザー光線が走る距離が長いほど精度の高い観測が可能になります。

重力波の効果は、それぞれの腕において3㎞離れて設置された鏡との距離の微小な変化となって現れるので、重力波望遠鏡では、この変化をレーザー干渉計の技術を用いて計測します。しかし、そのために必要な測定精度は、1兆分の1のさらに1千万分の1メートルになります。このような高精度で長さを計測するには、例えば、レーザー光線が通過する部分に空気の濃淡があると、その屈折率揺らぎが雑音になりますので、重力波望遠鏡では、そのレーザー光線が通過する空間は超高真空でなければなりません。特にKAGRAの場合は、直径80㎝、片腕長さ3㎞の長大な真空ダクト内を超高真空に保つ高い技術が必要とされます。

KAGRAの第一期実験施設が完成

東京大学から授与された感謝状
東京大学から授与された感謝状

2015 年11 月6 日、大型低温重力波望遠鏡 KAGRAの第一期実験施設完成記念式典が行われました。当社がKAGRA 建設に際し、卓越した技術と豊富な経験で完成に貢献したとして、東京大学より感謝状を授与されました。当社のコア技術である溶接技術、真空技術を活かし、科学技術分野に貢献できたことは、大変誇らしく思います。

JST

サイエンス チャンネル(科学技術振興機構の科学技術専門動画サイト)でKAGRAの紹介動画をご覧いただけます。

ページトップへ